<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

[NO.27]   09年10月 例会 浮盃(ぶばい)

徐福伝説と佐野常民記念館をめぐる !

2009年10月11日(日) 曇りのち晴れ 参加者 約35名
集合場所   佐賀市産業振興会館  諸富町為重
集合時間   9時00分   スタート 9時15分
主   催   さがウォーキングクラブ
コース
産業振興会館(スタート)→昇開橋→徐福上陸地→御手洗
の井戸→三重津海軍所跡→佐野常民記念館→新北神社
→産業振興会館(ゴール)
               (約 10Km  団体歩行)
浮盃(ぶばい)とは約2200年前、徐福一向の船団が有明海
に着き、大朱杯(盃)を浮かべ流れ着いた所を上陸地と定め、
この地を「浮盃」と名着けたと言われています。スタートして直
ぐ徐福ロードを南に下って筑後川沿岸を歩きました。「徐福上
陸地」や「金立権現神社」等を巡り、日本で最初の実用的な蒸
気船建造に成功した「三重津海軍所跡」を見学しました。「佐野
常民記念館」には佐賀七賢人の1人であるその銅像を拝顔しま
した、幕末から明治の時代を背景に政治・産業・科学・芸術の分
野で、先進的な活動を展開した人です。「新北神社」では、徐福
が植えたとされる「ビャクシン」は樹齢2200年、大楠は1600年
と言われている大木が見られました。帰りは川副町の農道を通
りました、もう稲刈りも直近になった田んぼには、黄金色が一面
に広がり、実った稲穂が秋風に揺らいでいました。青く澄み切っ
た大空には綿雲が点々と浮かび深まる秋を感じました。今日は
一寸だけ佐賀の歴史を学びました。
「ニュース」
10月22日世界遺産暫定リストに入っている「九州・山口の近代
化産業遺産郡」が「三重津海軍所跡」を新たに候補にしました。
改めて重要な造船所であった事を見直しました。
※ 写真は佐野常民記念館と銅像
来世は私もこの様な人になりたい。家内言わく「ムーリ・ム・・・」 
   反論なし !
 
       
e0175717_23344373.jpg

[PR]
by yujirou67 | 2009-10-29 23:42

[NO .26] o9年 日本棚田100選 「鬼木の棚田」

駅長おすすめ JR九州 ちょい旅 !
黄金色の「稲穂」がそよぐ鬼木の棚田では、鮮やかな彼岸花と
ユニークで愉快な「案山子」がお迎えします!!

2009年9月26日(土) 058.gif 参加者 約1600名
集合場所   有田駅
スタート    8時00分~11時30分(順次スタート)
主  催    JR九州
コース
有田駅(シャトルバス乗車)→やきもの公園(スタート)→文化の陶/四季
舎→日本100選/鬼木棚田→井石公民館→花わくすい→抽選会・ミニSL
運行/やきもの広場(ゴール・シャトルバス乗車)→有田駅
                     (約 8.5Km    個人歩行)
鬼木は虚空蔵火山の裾で馬蹄形ひらけたところですが、その斜面には
石垣で畔を築き、棚田が段々に重なっています。日本の「棚田100選」
に選ばれた名勝地で、四季の変化は訪れる人の心をなごませてくれま
す。今回は家内も一緒で、陶磁器で有名なやきもののまち波佐見町で
した。野外博物館「世界の窒広場」や陶芸館「観光交流センター」では
波佐見の歴史や工程、伝統工芸士の作品が幅広く展示されていました
がゆっくりくり見学できず、又の機会にしたいと思いました。
やきもの公園をスタートして街中を約1Kmも歩くと眼前に広がった田ん
ぼは黄金色に波打ち、畔のいたる所には彼岸花の群生が咲き誇ってい
ました。徐々にゆるやかな坂道になりました。文化の塔(四季社)では
波佐見町の方々のだご汁・ちまき・お茶など等の温かい接待がありまし
た。棚田では道路の左右にユニークで愉快な110体もの「案山子」が勢
揃いして歓迎してくれました。なかでも気に入った「案山子」の写真を10
数枚撮りました。面白い「案山子」たちですよ、(後日自身のホームペー
ジで紹介したいと思います) そこから急な登り坂になり今日の目地であ
る鬼木棚田の展望台に着きました。展望台から色々な角度からの眺望は
最高でした、まるで日本画を見ている様で感銘しました。
※ 写真は 日本の棚田百選の郷 鬼木棚田 展望台
           長崎県東彼杵郡波佐見町鬼木郷    
e0175717_15454992.jpg

[PR]
by yujirou67 | 2009-10-17 12:09

[NO.25] 09年9月 例会  松梅

秋色の森林浴と名尾和紙のふるさとを訪ねて !

200年9月20日(日)   058.gif 参加者約40名
集合場所  富士大和温泉病院南駐車場
集合時間  8時30分 スタート 8時45分
主   催  さがウォーきんぐクラブ
コース
富士大和温泉病院(スタート)→中の島→通天寺
→松梅小学校→屋形集会所→名尾和紙工房→
四十坊→富士大和温泉病院(ゴール)
         (約 13Km   団体歩行)
佐賀県重要無形文化財「肥前名尾和紙」を守る和紙工房を
訪ねました。名尾の地に紙漉(かみすき)の技法が伝わった
のは今から300年程前だそうです。元々山地で農業の生産
性も低い事から土地の住民が筑後で修行をし紙漉きの技を
この地に伝えました。全村挙げての仕事は「名尾紙]として
名尾の名を高めました。
工房内で工房長のTさんより原木の梶の木から紙漉きの和紙
が出来る迄の全行程等、詳細な説明を受けました。
帰途、来た道とは別な山道を通りました。彼岸花の色鮮やか
な赤や真紅の鶏頭が秋の訪れを告げて、吹く風も冷んやりし
とても気持良く感じました。又松梅地区は干し柿」の町としても
知られ、到る所に柿棚が点在していました。柿はやっと色ずき
始めた頃で「柿すだれ」を見るのもう少し先の様です。この地域
では「柿むき大会」も行われています。ゴールしてからのクール
ダウンでは青く澄み渡った大空に向けて何度も深呼吸しました。
空気がとても美味しく最高でした。
※ 写真は肥前名尾和紙工房
    佐賀市大和町大字名尾
e0175717_10321614.jpg

[PR]
by yujirou67 | 2009-10-07 22:13